テクノロジー

CSSが無効です

CSSが無効な場合でもサイトの閲覧を行うことは可能ですが、CSSが有効な場合と表示が異なりますことをご了承ください。

タイトル直下の本文

メニューへ移動

RIAテクノロジー

RIA=Rich Internet Application/Rich Interactive Applicationの略語で「リア」と呼ばれ、ユーザーインターフェースに、Flash/WPF/Silverlight/Ajax/JavaAppletなどのテクノロジーを用いて、操作性や表現力に優れたアプリケーションを提供します。

また、RIAはインターネットだけのシステムではありません。デスクトップアプリケーションやモバイル、組み込み機器の環境でも使われ始めています。

主なRIAテクノロジー
テクノロジー アプリケーションの種類 メーカー 対応環境
Flash ブラウザアプリケーション Adobe Windows、MacOS、Linux、携帯電話、組み込み機器
Flex ブラウザアプリケーション Adobe Windows、MacOS、Linux、携帯電話、組み込み機器
AIR デスクトップアプリケーション Adobe Windows、MacOS
WPF デスクトップアプリケーション Microsoft Windows、組み込み機器
WPF(xbap) ブラウザアプリケーション Microsoft Windows
Silverlight ブラウザアプリケーション Microsoft Windows、MacOS、携帯電話、組み込み機器
Ajax ブラウザアプリケーション フリー Windows、MacOS、Linux

RIAテクノロジーを使うことにより、通常のアプリケーションに比べ、以下の効果が期待できます。

また、開発面で見ても、JavaやPHPなどの一般的なWebアプリケーションとは違い、ユーザーインターフェース部分(フロントエンド)とサーバーロジック(バックエンド)を分離することで、開発の分業化という点でもメリットがあるといえます。しかし、分業化することにより、各セクションとの連携が複雑になるというデメリットが発生します。セカンドファクトリーでは、長年の経験により、RIA開発を円滑に進めるノウハウがあります。

Flash

サービス提供者の意図を柔軟に具現化することが可能なUI構築ツール

ダイナミックで動きのある表現を利用し、ユーザの理解を最大限に引き出すツールとして、セカンドファクトリーは、Flashに初期のリリースから取り組んでおります。

Flashは、定型的なUIを作るツールではなく、真っ白なキャンバスに絵を描くように自由なレイアウトを行うことが可能です。そのため、デザイン的な要素を最も取り込みやすい環境だといえるでしょう。

またFlashは当初、単純アニメーションツールとしての進化を続けてきましたが、最近はよりアプリケーション的な開発が行えるような機能が充実してきております。

主に動きを制御する目的で、初期のバージョンからスクリプト言語であるActionScriptが用意されていましたが、オブジェクト指向の言語として進化を繰り返し、複雑かつ大規模な開発にも対応できるようになっています。

そのような進化を遂げながらも、本来のデザインを柔軟に行えるツールとしての魅力を失わず、まさに我々にとって手になじんだツールであるといえます。

セカンドファクトリーでは初期のバージョンよりアプリケーションのフロントエンドを担うテクノロジーとして、様々なRIA開発を行ってきました。開発以外にも、Adobeと緊密に連携しながら、Flash開発に関するコンサルティングやサポート等のサービスも行わせていただいております。

Flashの使用実績

Flex

ソフトウェア開発手法とのフィット感がある、生産性の高いUI構築ツール

Flash Playerを利用したアプリケーション開発が可能なツールであるFlexは、お客様を含めた開発に関わる全てのチームメンバーを、その生産性で助けるUI構築ツールです。

セカンドファクトリーでは、Flexを用いた日本初の案件から関わるなど、FlexによるUI構築に深く関わってきております。

Flexは、強力なコンポーネントをベースとした開発手法をとっており、Flashでは殆どがスクラッチで作らなければならなかったコントロール類が標準で提供されるようになりました。開発ツールもVisual Basicのようにコンポーネントを張り付けるRADベースになっているため、ブロックを組み上げるようにUIを構築していくことが可能です。コンポーネントを利用した開発手法は、これまでのソフトウェア開発でも頻繁に行われていたため、何らかの既存技術に慣れている開発者にとってスムーズに学習できるというメリットがあります。

同じくFlash Playerを利用したアプリケーション開発が可能なFlashは、非常に柔軟なツールですが、その自由度のためにメンテナンスが難しくなるといった点も指摘されていました。Flexではコンポーネントベースの開発をMXML/ActionScriptといったテキストベースで行っていくためにメンテナンス性が高く、後に変更が必要な場合でも修正が容易となります。その上で、やはりFlashと同様の特徴もあわせ持っており、手軽に動的な表現を行えるようツール等に工夫が施されています。

セカンドファクトリーでは、Flexの持つ開発効率とFlashの持つデザイン力を組み合わせて、魅力あるRIA開発を行っております。また、Flexを通じて様々なRIA開発を行っているほか、Flex開発に関するコンサルティングやサポート等のサービスにつきまして、Adobeと緊密に連携しながら行わせていただいております。

特に、お客様自身でのメンテナンスをご希望の場合にフィット感があるといえるでしょう。

Flexの使用実績

AIR

FlashやHTMLで作成されたアプリケーションをデスクトップ環境で実行できるように開発したAdobeのランタイムです。
対応しているOSはWindows、MacOSとなっています。

AIRの使用実績

WPF, WPF(xbap)

OSとの親和性が高い、アプリケーションに新たな表現の場を与える基盤技術

Windows Vistaから標準で搭載されている.NET framework3.0。その一部としてプレゼンテーション層全体を担う基盤テクノロジーであるWPFに、弊社では正式リリース前からMicrosoft社と連携しながら技術調査/RIA開発を行ってきました。

Visual Studioを中心とする強力な開発環境はそのままに、あらたなツール群を使った表現のステージをアプリケーションに与えることで、Webを超えた通常のアプリケーション環境に対して、最適なユーザエクスペリエンスを提供できるといったメリットがあります。

WPFでは「XAML」というXMLベースの言語を利用していますが、「XAML」はデザインツールでも開発ツールでも利用できるため、デザイナーと開発者の共通言語として機能することが期待できます。

特に3D表現といった負荷のかかる処理をOSレベルのAPIがこなす環境であるため、エクスペリエンスデザイナーは目的に応じた表現の実現に集中することが可能であり、あらたな表現の可能性が広がっています。

また、ロジックにはC#を使用しているため、.Net Frameworkを使用しているアプリケーションであれば、そのまま流用することができます。既存システムのビジネスロジックをそのまま活かし、UI部分のみ変更してRIA化するということも可能です。

最近ではVista以外に組み込み機器にも採用され、組み込みシステムのRIA化の動きもみられるようになってきました。

セカンドファクトリーでは、WPFに関する積極的な研究開発を行っております。Microsoft社とも緊密に連携しながら、Vista世代のアプリケーション開発に関するコンサルティングも承っております。

WPF, WPF(xbap)の使用実績

Silverlight

マルチプラットフォームで動作するWPFのサブセットとして開発されたSilverlight。弊社では開発段階からMicrosoft社と緊密に連携しながらRIA開発を行ってきました。

まだ正式にリリースされて間もないですが、既に数多くのアプリケーションを開発しました。

RIAのテクノロジーとしては最新であるSilverlight。セカンドファクトリーでは、WPF同様、Silverlightについても積極的な研究開発を行っております。開発バージョンの頃から培ったノウハウとWPFのノウハウを元に、魅力あるRIAを開発しています。

Silverlightの使用実績

Silverlightのサービス

Silverlightの関連キーワード

関連リンク

テクノロジ

お問合わせ

2nd Factory Co.,Ltd.〒183-0055 東京都府中市府中町1-14-1
朝日生命府中ビル12階
Tel.042-354-7777 / Fax.042-354-7778 / Mail. info2@2ndfactory.com

このページの先頭へ