サービス

CSSが無効です

CSSが無効な場合でもサイトの閲覧を行うことは可能ですが、CSSが有効な場合と表示が異なりますことをご了承ください。

タイトル直下の本文

メニューへ移動

プロジェクトへの関わり方

サービスパターンの6分類

図「サービス領域」

サービスパターン

複数社の関わる大規模プロジェクト向け
図「プロジェクトファシリテーションタイプ」プロジェクトファシリテーションタイプ
ユーザーエクスペリエンスをアプリケーションに練り込むことを意識した場合、多くのケースでシステム開発とデザインの現場の間で意識やフォーカス領域のずれが起こります。
両者がスムーズにやり取りを行うための共通基盤としてアーキテクチャや通信設計を行い、プロジェクトにおける調整役としてお客様の意図が正確にプロジェクトに反映されるためのお手伝いをいたします。
メーカー様との協業向け(サービス・製品開発、UI性能向上、プロトタイプ試作など)
図「ユーザーエクスペリエンスコンサルティングタイプ」ユーザーエクスペリエンスコンサルティングタイプ
製品の市場におけるポジションやビジネスとの関係を理解した上で、どのようなユーザーエクスペリエンスが最も効果的であるかを検討し、アイデアをお客様とともに練り上げていきます。
製品にかかわる制約条件についても検討を行い、最適なテクノロジー選択を検討します。これらの活動を通じて、お客様におけるよりよい製品開発をサポートいたします。
SIer様との協業向け
図「エクスペリエンスデザイン適用タイプ」エクスペリエンスデザイン適用タイプ
ある製品における改善/差別化のポイントとしてのユーザーエクスペリエンスをデザインし、実際に開発を通じて製品に適用します。
既存の製品がある場合には、製品ポジショニング分析やユーザー行動分析、ゴールの再確認などを通じて状況に最適な改善を提案し、実装していきます。
デザインエージェンシー・広告代理店様との協業向け
図「エクスペリエンスアーキテクチャ適用タイプ」エクスペリエンスアーキテクチャ適用タイプ
製品がアプリケーションとして一定期間機能を提供し続けるためには、製品のそれぞれの部分に対して異なるタイムラインでの運用/改定タイミングが存在することを認識することが大切です。
インパクトのあるリッチ要素をもちながらも、柔軟なアプリケーションアーキテクチャを備えた製品を実現するために、様々な検討/開発を行っていきます。
業種業態問わず開発メイン
図「エクスペリエンスデベロップメント適用タイプ」エクスペリエンスデベロップメント適用タイプ
製品におけるユーザーエクスペリエンス検討やアーキテクチャ検討が十分にされている場合にも、複雑に絡み合った要素を調整しながら開発していくことは簡単ではありません。
特にテスト工程においては、従来のシステム開発とは違った視点でのノウハウが必要になります。実装部隊の投入を通じて、お客様の意図を形にし、確実な製品品質へと整えます。

関連リンク

サービス

お問合わせ

2nd Factory Co.,Ltd.〒183-0055 東京都府中市府中町1-14-1
朝日生命府中ビル12階
Tel.042-354-7777 / Fax.042-354-7778 / Mail. info2@2ndfactory.com

このページの先頭へ