アーキテクチャ選定支援サービス

ビジネスの変化に対応するシステムを構築するためには、システムとビジネスが表裏一体であることが求められます。システムの進むべき方向に深く関わるアーキテクチャの選定には、テクノロジーとビジネスの側面からのアプローチが欠かせません。テクノロジーの側面では、新しい技術に対する知識と移り変わる技術トレンドを俯瞰すること。ビジネスの側面では経営や業務を理解し、システムのROIをしっかりと把握できていること。アーキテクチャの選定を行うアーキテクトには、これらのスキルが必要になっています。

私たちのサービスの特徴

1クラウド、モバイルに強い

デバイス&サービスの時代。サービスを提供するプラットフォームがPCからスマートフォンやタブレットに移っています。また、サービスを実現するためのバックエンド側の技術として、クラウドを無視することは出来ません。マルチプラットフォームにどのように対応するのか?どのクラウドプラットフォームを選択し、パフォーマンスや可用性をどう確保するか?セキュリティ対策は?現在のアーキテクチャ選定にはクラウドとモバイルに対する知識が欠かせません。私たちは自らの開発体験を通して、クラウド、モバイルに対する経験を積んでいますので、デバイス&サービスの時代に合わせたアーキテクチャ選定を支援させていただけます。

2大きな構想から細かいサポートまで

企業におけるIT活用の指針となる構想策定やシステム全体のアーキテクチャ選定といった部分の支援だけでなく、開発段階のサポートもいたします。多くのクライアントからアーキテクチャの構想と開発の現場の溝について、ご相談を受けてきました。私たちは自らが開発を行っている経験を活かし、開発ツールやフレームワークなど、開発現場が抱える課題についてもサポートいたします。

3開発に使えるアーキテクチャの提供

状況に応じた様々な成果物のパターンを用意しています。通常であれば成果物はレポート形式となりますが、オプションとして実際にアーキテクチャを反映したプロジェクト、ソリューションファイルを提供し、トレーニングを実施させていただくこともあります。選択したテクノロジーに対して、実質的なサポートをお求めの場合に採用いただいています。

4マイクロソフトゴールドパートナー

Microsoft Global PartnerやWindows8のUXコンサルティングパートナーなど、マイクロソフト社とのパートナーシップを結んでいるため、Office365、Microsoft Azure、.Netテクノロジーといったマイクロソフトプラットフォームを活用した開発、構築経験が豊富です。エンタープライズシステムで多く利用されているマイクロソフトプラットフォームに関して、お悩みの場合は、確実にサポートさせていただける自信があります。